に投稿

多様な閲覧環境に対応するには

PCやタブレット、スマートフォンといったさまざまなサイズに対応できるレスポンシブウェブデザインで制作しましょう。もちろんモバイルファーストを意識するのも大切です。必要に応じて、スマートフォン用の画像の置き換えやコンテンツ内容の場合分けを行いましょう。ユーザーが求める情報とわかりやすい見せ方を工夫していきましょう。レスポンシブウェブデザインというのは、パソコン、タブレット、スマートフォンといった幅広い端末のどれを使っても、最適化してくれる制作手法のことをいいます。日本国内では、スマホ保有率は60%を超えています。PCを持たなくても、スマホを持っているという家庭も多くなりました。それぞれの端末でコンテンツが見やすく、操作しやすいように、そしてコンタクトが取りやすいサイトにするのが重要になります。